GET BACK… NAKED(2016)


2016年は、ビートルズ解散から46年目。解散のカウントダウンとなった、1969年1月に行われたゲット・バック・セッションの詳細を、ビートルズ道をまい進する藤本国彦さんが語ります。なぜ、ポール・マッカートニーが「ゲット・バック(原点のロックンロール・バンドに戻ろう)」と言わざるをえなかったのか、セッション21日間にはどんなやりとりがあったのか、セッション後のビートルズとセッションのときのレコーディング・テープの動向などが綴られます。
 そして、セッションのときの世界の状況、セッションの仕上げとなったアップル・ビル屋上でのライヴの器材の配置図、タイム・テーブルも明かされ、セッションのときに演奏された厖大なリストも掲載。
 巻末付録として、松田行正による「ビートルズのジャケット・デザインの分析」、杉本聖士+あやこるによるマンガ「女子高生 放課後ロンリー・ハーツ・クラブ」も。ビートルズのジャケットの挿図はすべてイラスト化。
 造本コンセプトは「歪んだホワイト・アルバム」。ビートルズの「ホワイト・アルバム」は、ビートルズ各人のスタンド・プレーでできたアルバムでしたので、グループ崩壊の序章はこのときから。その意味を込めて、「不揃いで歪んだ」本にしたくなりました。その結果、表紙は上辺だけ斜めの歪んだ四角形。本文も、通称「いい加減折り」と呼ばれている、あたかも適当に折った(これを実際の製本ラインでやるためには特別の製本機が必要で、決して適当なわけではありませんが)かのようにページがばらばらになっている製本方法を採用。ノド側と下辺は水平垂直ながら小口と上辺が斜めになっています。ばらばらといっても、そう見えるだけであって、実際は2つのフォーマットを交互に使っています。上辺を見ると本文が階段状になっています。そして、白い紙を合紙したダンボールを使った、本の形に合わせた箱(上辺が斜め)に入れました。

/

In 2016, it was 46 years since the Beatles broke up. In this book, Kunihiko Fujimoto follows the Beatles down the long and winding road of the Get Back sessions in January 1969, when the countdown toward the breakdown started. Why did Paul McCartney have to say “(Let’s ) Get Back (to our roots as a rock’n’roll band)”? What happened during the 21 days the sessions lasted, how did the recordings go, and what happened to the band afterwards? And what was going on in the rest of the world at the time?
 The book also discusses the placement of the equipment and the time table for the live performance on the rooftop of the Apple Corps building that marked the end of the sessions, and the extensive list of songs they played during the sessions. As an appendix, there is an analysis by Yukimasa Matsuda of the Beatles’ album jacket designs, with illustrated versions of all the covers, and a manga by Shoji Sugimoto and Ayakol called “Girls’ Afterschool Lonely Hearts Club.”
 The concept behind the book design was a “twisted white album.” The Beatles’ “White Album” is a collection of grandstand plays by the individual members, and in retrospect seems like a prologue to the breakup of the band. With this in mind, I wanted to make an “uneven and twisted” book. The result is a distorted quadrangle, with the top edge at an oblique angle. The body of the book looks like a bunch of randomly folded sheets bundled together, but this type of folding (a Japanese technique called “iikagen-ori”) actually requires a special machine in the production line, so there is nothing random about it at all. The spine is vertical and the bottom edge is horizontal, while the top edge and foredge are slanted. The pages may look scattered, but the effect is only apparent; in fact, it is just two formats used alternately. Seen from above, the body is staircase-patterned. Finally, the book comes in a white cardboard box in the same shape as the book itself, i.e. with the top edge oblique.

1969年、ビートルズが揺れた21日間

GET BACK... NAKED: 
21 days that rock‘n’rolled the Beatles in 1969(2016)

藤本国彦著 
A5判変型函入り312ページ
定価3000円+税

by Kunihiko Fujimoto
Softcover in case, 312 pages
Language: Japanese
Product dimensions: 19.5×13.5×2.4 cm
Price: 3000 yen + tax


BACKNEXT
GET BACK… NAKED(2016)

1969年、ビートルズが揺れた21日間

GET BACK... NAKED: 
21 days that rock‘n’rolled the Beatles in 1969(2016)

藤本国彦著 
A5判変型函入り312ページ
定価3000円+税

by Kunihiko Fujimoto
Softcover in case, 312 pages
Language: Japanese
Product dimensions: 19.5×13.5×2.4 cm
Price: 3000 yen + tax


2016年は、ビートルズ解散から46年目。解散のカウントダウンとなった、1969年1月に行われたゲット・バック・セッションの詳細を、ビートルズ道をまい進する藤本国彦さんが語ります。なぜ、ポール・マッカートニーが「ゲット・バック(原点のロックンロール・バンドに戻ろう)」と言わざるをえなかったのか、セッション21日間にはどんなやりとりがあったのか、セッション後のビートルズとセッションのときのレコーディング・テープの動向などが綴られます。
 そして、セッションのときの世界の状況、セッションの仕上げとなったアップル・ビル屋上でのライヴの器材の配置図、タイム・テーブルも明かされ、セッションのときに演奏された厖大なリストも掲載。
 巻末付録として、松田行正による「ビートルズのジャケット・デザインの分析」、杉本聖士+あやこるによるマンガ「女子高生 放課後ロンリー・ハーツ・クラブ」も。ビートルズのジャケットの挿図はすべてイラスト化。
 造本コンセプトは「歪んだホワイト・アルバム」。ビートルズの「ホワイト・アルバム」は、ビートルズ各人のスタンド・プレーでできたアルバムでしたので、グループ崩壊の序章はこのときから。その意味を込めて、「不揃いで歪んだ」本にしたくなりました。その結果、表紙は上辺だけ斜めの歪んだ四角形。本文も、通称「いい加減折り」と呼ばれている、あたかも適当に折った(これを実際の製本ラインでやるためには特別の製本機が必要で、決して適当なわけではありませんが)かのようにページがばらばらになっている製本方法を採用。ノド側と下辺は水平垂直ながら小口と上辺が斜めになっています。ばらばらといっても、そう見えるだけであって、実際は2つのフォーマットを交互に使っています。上辺を見ると本文が階段状になっています。そして、白い紙を合紙したダンボールを使った、本の形に合わせた箱(上辺が斜め)に入れました。


In 2016, it was 46 years since the Beatles broke up. In this book, Kunihiko Fujimoto follows the Beatles down the long and winding road of the Get Back sessions in January 1969, when the countdown toward the breakdown started. Why did Paul McCartney have to say “(Let’s ) Get Back (to our roots as a rock’n’roll band)”? What happened during the 21 days the sessions lasted, how did the recordings go, and what happened to the band afterwards? And what was going on in the rest of the world at the time?
 The book also discusses the placement of the equipment and the time table for the live performance on the rooftop of the Apple Corps building that marked the end of the sessions, and the extensive list of songs they played during the sessions. As an appendix, there is an analysis by Yukimasa Matsuda of the Beatles’ album jacket designs, with illustrated versions of all the covers, and a manga by Shoji Sugimoto and Ayakol called “Girls’ Afterschool Lonely Hearts Club.”
 The concept behind the book design was a “twisted white album.” The Beatles’ “White Album” is a collection of grandstand plays by the individual members, and in retrospect seems like a prologue to the breakup of the band. With this in mind, I wanted to make an “uneven and twisted” book. The result is a distorted quadrangle, with the top edge at an oblique angle. The body of the book looks like a bunch of randomly folded sheets bundled together, but this type of folding (a Japanese technique called “iikagen-ori”) actually requires a special machine in the production line, so there is nothing random about it at all. The spine is vertical and the bottom edge is horizontal, while the top edge and foredge are slanted. The pages may look scattered, but the effect is only apparent; in fact, it is just two formats used alternately. Seen from above, the body is staircase-patterned. Finally, the book comes in a white cardboard box in the same shape as the book itself, i.e. with the top edge oblique.




adana escort bayan adana escort
Loading