歩行熱(2017)


ヒトは立ち上がっただけでは進化をまだ半分も達成していませんでした。あとの半分は、立ち上がることで得た、長距離を歩き、走れる能力によって進化が促進されたのでした。とはいえ、ヒトの進化は、常に後手後手。こうきたらこうする、じゃあ次はこうする、というように結果オーライの連続でした。そこで、そのチェーン・リアクション(連鎖反応)の様子を、イラストとともにシンプルに辿ったのが本書です。色は熱をイメージするオレンジを基調としました。本文は袋綴じのようになっていて、オレンジ色が隙間からひたすら覗きます。「歩行熱」の「熱」は「内からほとばしる熱」という意味を込めました。

/

Standing up was not even the first half of human evolution. The other half was spurred on by the power to walk and run long distances, thanks to being able to stand up. Even so, human evolution has always been an afterthought. “This is how we got here, so now let’s try going that way” – it has been a long succession of things turning out all right in the end. This book simply traces that chain reaction with illustrations. The keynote orange color is an image of heat. The body is done in pouch-bound (fukuro toji) style, with an intense orange color peeping out from the gaps. The “heat” of the “passion for walking” is pouring out from the inside, as it were.

ヒトはひたすら歩いて進化した

Walklust: A human being walked and evolved (2017)

松田行正著
四六変型136ページ
定価2400円+税 購入するkago_icon_02

by Yukimasa matsuda
Softcover: 136 pages
Language: Japanese
Product dimensions: 19×10.5×2.4cm
Price: 2400yen+tax


NEXT
歩行熱(2017)

ヒトはひたすら歩いて進化した

Walklust: A human being walked and evolved (2017)

松田行正著
四六変型136ページ
定価2400円+税 購入するkago_icon_02

by Yukimasa matsuda
Softcover: 136 pages
Language: Japanese
Product dimensions: 19×10.5×2.4cm
Price: 2400yen+tax


ヒトは立ち上がっただけでは進化をまだ半分も達成していませんでした。あとの半分は、立ち上がることで得た、長距離を歩き、走れる能力によって進化が促進されたのでした。とはいえ、ヒトの進化は、常に後手後手。こうきたらこうする、じゃあ次はこうする、というように結果オーライの連続でした。そこで、そのチェーン・リアクション(連鎖反応)の様子を、イラストとともにシンプルに辿ったのが本書です。色は熱をイメージするオレンジを基調としました。本文は袋綴じのようになっていて、オレンジ色が隙間からひたすら覗きます。「歩行熱」の「熱」は「内からほとばしる熱」という意味を込めました。


Standing up was not even the first half of human evolution. The other half was spurred on by the power to walk and run long distances, thanks to being able to stand up. Even so, human evolution has always been an afterthought. “This is how we got here, so now let’s try going that way” – it has been a long succession of things turning out all right in the end. This book simply traces that chain reaction with illustrations. The keynote orange color is an image of heat. The body is done in pouch-bound (fukuro toji) style, with an intense orange color peeping out from the gaps. The “heat” of the “passion for walking” is pouring out from the inside, as it were.




adana escort bayan adana escort
Loading