円盤物語(1997)


曖昧模糊とした目撃証言に基づいて作成した空飛ぶ円盤のかわいい図面集。いわば、空飛ぶ円盤へのオマージュ本です。きっかけは、アダムスキーが撮影したとされる空飛ぶ円盤の写真から起こした図面の美しさでした(もとは丸い灰皿で窓のように見えるところはタバコを置くところ、という説もありますが)。したがって、アダムスキー・タイプの空飛ぶ円盤のペーパーモデルまで付録として付けてしまいました。
 もう一つの付録は、詳細な空飛ぶ円盤の歴史です。その発売当時では最高の細かさだと自負しています。本文はオール2色で蛍光グリーンと蛍光オレンジの2ヴァージョンをつくりました。
 カバーには188個の円形の穴が空いています。これは、ティム・バートン監督の火星からの侵略者映画『マ-ズ・アタック』のオープニングの、円盤の大群が地球をめざして整然と飛んでいるところの俯瞰シーンをイメージしたものです。書名が、〈空押し〉だけというわかりずらさにあえて挑戦しています。

/

A collection of cute drawings of flying saucers based on obscure eyewitness accounts. It's a homage to flying saucers, as it were, made when I realized the beauty of the drawings occasioned by George Adamski's photo of a UFO (although some say it's just a grey ashtray and the window-like things are where you put your cigarette). Consequently, I even included a paper model of an Adamski-type flying saucer as an appendix. Yet another appendix contains a detailed history of flying saucers. In fact, at the time of publication it was the most detailed ever, I'm proud to say. The all two-color body is printed in two versions, fluorescent green and fluorescent orange.
 The dust jacket is pierced with 188 round holes. This is an image of a birds-eye view of the well-ordered fleet of saucers that comes flying towards the Earth at the beginning of Tim Burton's movie Mars Attacks! The Japanese title of the book is daringly blind-tooled only.

Hi-story of the Flying Saucers(1997)

松田行正構成/澤地真由美画
新書上製116ページ(オール2色)
品切れ

by Yukimasa Matsuda and Mayumi Sawachi
Hardcover: 116pages
Language: Japanese
Product dimensions: 18×127×1.5cm
out of stock


BACKNEXT
円盤物語(1997)
Hi-story of the Flying Saucers(1997)

松田行正構成/澤地真由美画
新書上製116ページ(オール2色)
品切れ

by Yukimasa Matsuda and Mayumi Sawachi
Hardcover: 116pages
Language: Japanese
Product dimensions: 18×127×1.5cm
out of stock


曖昧模糊とした目撃証言に基づいて作成した空飛ぶ円盤のかわいい図面集。いわば、空飛ぶ円盤へのオマージュ本です。きっかけは、アダムスキーが撮影したとされる空飛ぶ円盤の写真から起こした図面の美しさでした(もとは丸い灰皿で窓のように見えるところはタバコを置くところ、という説もありますが)。したがって、アダムスキー・タイプの空飛ぶ円盤のペーパーモデルまで付録として付けてしまいました。
 もう一つの付録は、詳細な空飛ぶ円盤の歴史です。その発売当時では最高の細かさだと自負しています。本文はオール2色で蛍光グリーンと蛍光オレンジの2ヴァージョンをつくりました。
 カバーには188個の円形の穴が空いています。これは、ティム・バートン監督の火星からの侵略者映画『マ-ズ・アタック』のオープニングの、円盤の大群が地球をめざして整然と飛んでいるところの俯瞰シーンをイメージしたものです。書名が、〈空押し〉だけというわかりずらさにあえて挑戦しています。


A collection of cute drawings of flying saucers based on obscure eyewitness accounts. It's a homage to flying saucers, as it were, made when I realized the beauty of the drawings occasioned by George Adamski's photo of a UFO (although some say it's just a grey ashtray and the window-like things are where you put your cigarette). Consequently, I even included a paper model of an Adamski-type flying saucer as an appendix. Yet another appendix contains a detailed history of flying saucers. In fact, at the time of publication it was the most detailed ever, I'm proud to say. The all two-color body is printed in two versions, fluorescent green and fluorescent orange.
 The dust jacket is pierced with 188 round holes. This is an image of a birds-eye view of the well-ordered fleet of saucers that comes flying towards the Earth at the beginning of Tim Burton's movie Mars Attacks! The Japanese title of the book is daringly blind-tooled only.




adana escort bayan adana escort
Loading