アンフラマンス(2006)


マルセル・デュシャン作品を箱に封じ込めようとして、切り取り線付けたデュシャン・オマージュ本。書名の「アンフラマンス」は、デュシャンの造語で「極薄」という意味。意訳すれば、デュシャンが、2次元と3次元の隙間、あるいは2次元でも3次元でもないその中間を作品の居場所とし、その作品の有り様を「アンフラマンス」と考えたのではないか、と勝手に解釈して、タイトルに引用しました。
 本文には、デュシャンの代表作48点がカラーで再現されています。そして、切り取り線にしたがって切り離し、組み立てると、立方体の半分の大きさの箱になります。箱は、 同じ作品がデザイン違いでページの裏表にレ イアウトされていますので、2冊使えば96個の箱ができます。もちろんデュシャンの作品 はすべて精密な模写。油絵もすべてパスによる面的表現ながら詳細です。港さんの「デュシャンはデザイナーだった」とするデュシャン論も秀逸です。

/

This is an homage to Marcel Duchamp, and an attempt to box his works, with perforated lines. "Inframince" is a word invented by Duchamp meaning "infrathin," and, according to my own interpretation, refers to a property of a work in the gap between two and three dimensions, something neither two- or three-dimensional, but in between. Consequently, I borrowed it as the title of this book.
  The book contains 48 color reproductions of famous works by Duchamp that can be punched out along the perforated lines and assembled into half-cube boxes. Because each box carries two different designs with the same layout on either side of the paper, with two volumes you can make 96 different boxes. All Duchamp's works are precisely reproduced, of course. The oil paintings too are perspective rendered in fine detail within the areas expressed.
  The book also contains a brilliant contribution to Duchamp studies by Chihiro Minato on the topic of Duchamp as a designer.

梱包されたデュシャン

INFRAMINCE/Duchamp Boxed (2006) 

松田行正編/港千尋文
B5判変型上製函入り144ページ(96ページカラー)
定価3600円+税 購入するkago_icon_02

by Yukimasa Matsuda and Chihiro Minato
Hardcover with case: 144pages
Language: Japanese / English
Product dimensions: 25.2×19.6×1.9cm
Price: 3600yen+tax



BACKNEXT
アンフラマンス(2006)

梱包されたデュシャン

INFRAMINCE/Duchamp Boxed (2006) 

松田行正編/港千尋文
B5判変型上製函入り144ページ(96ページカラー)
定価3600円+税 購入するkago_icon_02

by Yukimasa Matsuda and Chihiro Minato
Hardcover with case: 144pages
Language: Japanese / English
Product dimensions: 25.2×19.6×1.9cm
Price: 3600yen+tax



マルセル・デュシャン作品を箱に封じ込めようとして、切り取り線付けたデュシャン・オマージュ本。書名の「アンフラマンス」は、デュシャンの造語で「極薄」という意味。意訳すれば、デュシャンが、2次元と3次元の隙間、あるいは2次元でも3次元でもないその中間を作品の居場所とし、その作品の有り様を「アンフラマンス」と考えたのではないか、と勝手に解釈して、タイトルに引用しました。
 本文には、デュシャンの代表作48点がカラーで再現されています。そして、切り取り線にしたがって切り離し、組み立てると、立方体の半分の大きさの箱になります。箱は、 同じ作品がデザイン違いでページの裏表にレ イアウトされていますので、2冊使えば96個の箱ができます。もちろんデュシャンの作品 はすべて精密な模写。油絵もすべてパスによる面的表現ながら詳細です。港さんの「デュシャンはデザイナーだった」とするデュシャン論も秀逸です。


This is an homage to Marcel Duchamp, and an attempt to box his works, with perforated lines. "Inframince" is a word invented by Duchamp meaning "infrathin," and, according to my own interpretation, refers to a property of a work in the gap between two and three dimensions, something neither two- or three-dimensional, but in between. Consequently, I borrowed it as the title of this book.
  The book contains 48 color reproductions of famous works by Duchamp that can be punched out along the perforated lines and assembled into half-cube boxes. Because each box carries two different designs with the same layout on either side of the paper, with two volumes you can make 96 different boxes. All Duchamp's works are precisely reproduced, of course. The oil paintings too are perspective rendered in fine detail within the areas expressed.
  The book also contains a brilliant contribution to Duchamp studies by Chihiro Minato on the topic of Duchamp as a designer.




adana escort bayan adana escort
Loading