直線偏愛のヨーロッパ史 1750-1945(2004)


18世紀半ば、イギリスからはじまった産業革命で、鉄道が現れました。ひたすら真っ直ぐに進むように開発された鉄道は、トンネルを、鉄橋をと、大地を切り裂いて進んでいきました。いわば、弾丸列車です。そして、それまで馬車のスピードくらいしか知らなかった人々に、「速度」概念も与えました。「速度」とは、まさに直線の申し子であり、未来派をはじめとしたモダニズム運動のキーコンセプトとなっていきました。が、ファシズムと対極にあったはずのモダニズムの「速度と直線」という考え方が、兵器デザインとしてファシズム的イメージに融合されていきます。

BACKNEXT
直線偏愛のヨーロッパ史 1750-1945(2004)


18世紀半ば、イギリスからはじまった産業革命で、鉄道が現れました。ひたすら真っ直ぐに進むように開発された鉄道は、トンネルを、鉄橋をと、大地を切り裂いて進んでいきました。いわば、弾丸列車です。そして、それまで馬車のスピードくらいしか知らなかった人々に、「速度」概念も与えました。「速度」とは、まさに直線の申し子であり、未来派をはじめとしたモダニズム運動のキーコンセプトとなっていきました。が、ファシズムと対極にあったはずのモダニズムの「速度と直線」という考え方が、兵器デザインとしてファシズム的イメージに融合されていきます。




adana escort bayan adana escort
Loading